料理は奥が深い。最近では豆腐の挽き肉あんかけを作った。料理の作り方が載っているサイトを見ながら、その通り作った。調味料はぴったり載ってる通り入れた。前は大体でいいかと目分量で適当に作っていたから失敗した。だから今回は失敗するはずがない。夕飯で家族に食べてもらった。すると、どうだろう。味がない。ない?味付けをしたのに味がないとは一体全体どういうことなのだろう。私は頭を駆け巡らせた。わからない。自分も食べてみる。本当に味がない。ここで私は気付いた。味見をしていない。そしてもう1つの問題点。それは何人前の味付けなのか。見ていなかった。食材の量に応じて味付けも変わる。そういうことだったのか。今度こそ私は成功させるために作り上げた。カレーを。以前は濃すぎてびっくりされた伝説の料理だ。ルーそのものを食べているかのような、ねっとりと喉に絡み付き流れていかない驚きを与えた。今回は食材の量の調節も味も大丈夫だ。完璧じゃないか。そして私はご飯にルーをかける。待て。じゃがいもは何処にいった。完璧かと思われた私のカレーは、じゃがいもが見事に潰れていたのである。そのせいだろうか、じゃがいもで少しとろみがあってもったりしていた。私は自ら料理の難しさを痛感した。今度こそは完璧なカレーを作り上げてやる。リベンジを誓った私の挑戦は続いていく。キャッシング 金利 安い