振りなどについて学校しました。熱帯収拾帯は、高熱多雨で熱帯雨林が発達します。亜熱帯高圧気温相違をでは、ドライ空模様となり砂漠が発達します。南北両半球とも中緯度帯では対流スポーツは位置付けせず、地表付近から上空まで西よりの振りが吹いています。こういう西風を偏西風とよびます。その風速は緯度30°、高度12kmのあたりで最も強くなっています。偏西風の中でとくに手強い帯状の気流をジェット気流といいます。偏西風は、南北に蛇行しながら東に向かって吹く。これを偏西風波動といいます。偏西風は南北に蛇行することによって低緯度の熱を高緯度に運んでいます。低緯度ではハドレースパイラルによって熱が運ばれているのに対して、中緯度から高緯度にかけては偏西風の波動によって熱が高緯度近辺へ運ばれています。年間の雨と蒸発分量の緯度分布は熱帯収拾帯で雨が凄まじく、亜熱帯高圧帯で蒸発分量が大きくなっているなど、空気の大スパイラルと思い切り対応しています。全く勉強になりました。http://www.tmtracking1.com/knowhow/kinjyo.html